京つう

  スポーツ  |  京都府南部

新規登録ログインヘルプ


2017年05月07日

5/7 今季2度目のS.E.U

5/7_GW最終日のS.E.U開催

なかなかのGW日よりです。

5月は公式戦がないUMAs、その盲点を突く結果的に最高な機会を、
S.E.Uを通じて頂きました。

今年2回目の、S.E.Uです♪

エターナルズ様、シルバード様、
毎回本当に、ありがとうございます。

しかし…今日は11時~17時まで、

練習を経ての4試合みっちり(笑)。
公式戦以上にハードでタフなS.E.Uとなりました(^^)

また後半は、実業団でプレーしていた本格派投手による
特別指導も入り、場を盛り上げました。

Uからは、

1月のS.E.U以来の登場となる尾崎選手、

先回の公式戦2連勝に貢献した一二番コンビ、梅垣&安田選手、

力投光る伊藤選手、四番にして打率ほぼ10割の澤選手、

いつもの親子鷹、義弘&弓指選手の合計7名が参加。


暑い日差しの中、皆でハッスルしました!

次回のS.E.Uは、シルバードさん主催の1dayリーグ戦、
7月16日、場所は6年ぶりのドラゴンハット(笑)。

来月の公式戦は11日、色々と目白押し!

とにもかくにも、選手の招集力が鍵を握る!


試合と試合の間に訪れる、安らぎの時間。こういう時間も、大事だよね(^^)


本格右腕による特別講座。的確なアドバイスに投球内容も激変。見事だ…。
  


Posted by UMAs at 19:42オープン戦速報!

2017年04月23日

4/23開幕節!

これは夢ではありません、CGでもありません。
Uが開幕連勝って、誰が思いつきましたか?



事実は小説よりも奇なり-。

余りこの場で引用するに相応しくないのは百も承知で申し上げると、

かの大騒動を引き起こした証人喚問で発せられたこの言葉、

その直後の「おおー」というどよめきは、国会を大きく揺さぶりました。


そう、揺さぶったのは国会議事堂だけじゃあ、ありませんぜ。


事実は小説よりも奇なり-。


「現実に起こる出来事は、

 作られた物語の中で起こることよりも不思議で面白いものだということ」


この直訳通り、先回の雨天中止が嘘のような快晴のここ川口グランドにて、

物語を越えた新たな1ページが、こうして刻まれたのでした。


結論から言っちゃいます(言いたいだけ)。

開幕2連勝、二試合で30得点。


どんな有能な小説家でも、UMAsを主人公にこんな筋書きは書けるはずもない。

イギリスの詩人バイロンが起源とされるこの言葉が、春の空を彩ったのでした。


今日は澤選手の「相棒」稲葉選手が夜勤明けで駆けつけ、

何と即日入団を決めてしまった梅垣選手の「相棒」粟津選手も堂々の参戦!


結果的にこの両名の存在が、

この「小説よりも奇なり」を描くことになろうとは…。


バイロンもビックリしているに違いない(なわけがない)。


とにもかくにも、開幕!


第一試合

火を噴いた"U"全員安打!
投げては伊藤投手、堂々の昇りっぷりで初戦飾る



I 40100 5
U 1760- 14

戦評

開幕投手は伊藤選手、日に日にパワーアップする投球術と威力は、
アンチエイジング界も真っ青の展開を今日も発揮。

初回こそ強烈な威嚇打線につかまり4点を失うも、
それ以降ゼロ更新…。あの強豪打線を、、、マジですか、マジなのか。

打つ方は、不動の四番澤選手のタイムリーをきっかけに、
義弘選手恐らく初の猛打賞、稲葉選手&粟津選手も安打を積み重ね、
もうつけ入るすきがない…。

威嚇打線にソロアーチを浴び、少し不安なムードが過ぎるものの、
今日のUMAsは終始冷静。
守っても、目立つエラーはなく、互いにミスを補い合うムードも救いに。

圧巻は粟津選手の守備。
横っ飛び、軽快な動きでダイヤモンドを席巻、見事なグラブ裁きで
Uに新風を吹かせた。

浮き足立つことなく着々とアウトを積み重ね、
終わってみれば堂々たる勝利。

これは夢か、幻か。

え、ちょっと待て、本当に喜んでいいのか。

喜び方がイマイチ掴めないまま、第二戦を迎える。


第二試合

出た!サブマリン啓祐投手!堂々の連勝
毎回得点で開幕二連勝!逆に怖い


M 1234 6
U 3724 16

戦評

先発は啓祐選手、今日も絶妙の匠の業が光るかどうか、
キャッチャーも弓指選手から渡部選手、そして稲葉選手と、
捕手の「継投」を試みる。

啓祐投手のサブマリンも健在、
そうは言っても簡単に抑えさせてくれないのがモッツ打線。

特に4回は連打を浴びヒヤっとするも、
それ以上に打ち続けたUMAsが守り切った格好に。

啓祐選手も見事な勝利投手!
U最年長の勝利を獲得した。

全員が出塁し、全員野球で押し切った開幕節、
見事な開幕連勝に、これまた「喜び方」に戸惑うUMAs。

「ここですよ、ここで浮き足立つと、いつものUですよ」

分かってる、分かってるって。
次回6月は2連戦、またまた強豪ぞろいだ。


だけどね、「小説よりも奇」な展開を前に、
喜ばない方がおかしいじゃないか(笑)。

フェアープレーで充実した試合をさせていただいた、
威嚇&モッツ両チームにも改めて感謝し、


つよく、たのしく、たくましく。


いよいよこの結団理念が、本格的に開花を見せるのか、否か。

鍵は次回の6月11日に、かかっている!


バイロン…ありがとう(なんのこっちゃ)。


2連勝のあとの、記念写真(^^)威風堂々、でも喜び方に慣れてない?(笑)


こんな青空でソフトができるしあわせ…。このことの方が、実は大事だったりする。感謝。


打った打ったのスコア。

  


Posted by UMAs at 20:29公式戦速報!

2017年03月05日

3/5 開幕直前合同キャンプ敢行!

本日は、横大路さんの大変ありがたい御厚意の賜物!

初の開幕前合同キャンプを、ここ横大路グランドで実施致しました!

お互いに2017年度、Aクラス入りを視野に入れての合同特訓!

ノックから、3名1チームの練習試合まで、都合4時間の濃密特訓。

UMAsからは、澤選手・安田選手・義弘選手・梅垣選手・荒木選手・弓指選手に、

専属カメラマンの笑喜カメラマン、

そしてそして、入団を視野に入れて?大阪から三木選手改め「アベ⑩」選手も初の参加。

活気あふれる練習ができました(^^)

それもこれも、横大路クラブさんがあってのこと、

今日は本当に、グッドコンディションでの特訓ができましたこと、この場をお借りして感謝申し上げます!!!

これに懲りず(笑)、またお願いします!

これで開幕準備は整ったぜ!!?(笑)



互いにライバルでもあり、良き友好チームである横大路クラブさんとの貴重な一枚。
今日は胸を貸していただき、本当にありがとうございました。今季も良い試合しましょう!


強化ノックを先導する若きリーダー・梅垣選手、後ろ姿は薩摩の鉄人・義弘選手。
若手とベテランの入り混じるのもまた、良き活気に繋がる!
  


Posted by UMAs at 22:00オープン戦速報!

2017年01月28日

1/28 SEU初稽古!

UMAsの初稽古が、SEUの決起大会と同じタイミングで実現!

Uからは伊藤選手、尾崎選手、弓指選手の3名でしたが、

守備練習、フリー打撃と濃密な3時間の特訓を実施し、良い汗かきました(^^)

途中でSEUのコンセプト、方向性を共有しました。

これはみんなでつくるものですので、またご意見どしどし(^^)


またSEUの新ユニフォームに初めて袖を通し、青空に映えるブルーに身を包んだ(笑)。


ソフトの幅を更に広げるべく、

そして初のリーグ戦Aクラス入りを目指して、さあUMAs始動です!



打席に入る尾崎選手、ネクストに控える伊藤選手。短時間ながら久々打撃も絶好調!


SEUユニフォームに一足早く袖を通した両名。さあこれからの活用方法を模索しよう(笑)

  


Posted by UMAs at 13:42オープン戦速報!

2016年12月18日

12/18 Fリーグ納会(^^)

今年もお疲れ様でした!

Fリーグ納会、盛大に開催されました(^^)
総勢28名の勇者たちの、年に一度の宴です(笑)


そして今季の成績、各賞が発表されました。

UMAsは受賞者…ゼロ! しゃーないねこれは(笑)。。。

他者への貢献です(笑)。

そもそも、各11チームのリーグ参加がなければ、
今季の劇場も何もなかったわけです、、、

改めてこの場をお借りして、各チームの皆様に御礼申し上げます。

しかも、、
今季の成績表は基より、過去の全選手のデータまで揃えていただいて、
鈴木さん、いつもありがとうございます。。。


皆様のご協力があってのUMAsであることを
この場で再確認しつつ、、、

来季に向けて、新年早々に好スタート切りますよ!!

来季も改めて、宜しくお願い致します。


半ば強引な記念撮影、ギリギリ収まるFリーグの戦士たち。


盛り上がる面々。敵味方関係なく交流♪  


2016年11月26日

11/26忘年会開催!

本日、UMAs忘年会が盛大に行われました。
今頃若手選手は、ネオン街に吸い込まれている事でしょう(笑)。

さてペナントレース、初の借金ゼロで終了し、
チーム打率も初の4割越えを果たした「過去最高」のUMAs、

しかしながら、部費のストック、次年度繰越金は「過去最低」の2700円(笑)。

ビヨンド祭りもあって仕方ない状況とはいえ、
来季の集客はチームのレベルアップに向けての一丁目一番地になる。

そんなこんなで恒例の、UMAsのUMAsにおけつUMAsのための各賞を独断で発表!


総合MVP…濱中裕之選手(初)

もう文句ないでしょう、昨年は守備MVP受賞でしたが、
やはり投手陣の要を今季常に保ち続けてくれた功績は大きく、5勝をマークした貢献を語らずして、
今季の好調は語れません。

打撃MVP…梅垣克己選手(初)

チームトップの打率は勿論、クリーンナップや一番など、
最も多彩に打を彩ったのが梅垣選手でした。
次年度も期待してます!

守備MVP…尾崎慎太郎選手(初)

センターはもはや彼の代名詞。飛んで走って、巧みな守備は
リーグ全体をも唸らせる。文句なし!


殊勲賞…伊藤研三選手(初)

もう伊藤選手はチームの見本です。集合時間30分前にはいつもスタンバイ。
この姿勢、在り方、UMAsに是非欲しい価値観です。いつもありがとうございます。

敢闘賞…渡辺雄太選手(初)

和歌山からの遠征をもろともせず、常にベストコンディションで挑み続けた姿勢は、
模範を越えてイノベーションの境地です。

技能賞…安田章人選手(2年連続2度目)

セカンドはこれほど頼もしい存在も珍しい。
今季も安田選手は、当たり前のことを当たり前に、しかも徹底的にできる逸材でした。

新人賞…岡本雄光選手(初)

打って守って、アグレッシブなプレーでチームを牽引してくれました。
新人離れした、新人賞です(笑)

特別賞…澤篤志選手(2度目)

ほぼスコアラーを務めてくれて、まとめる資料も言うことなし!
この積み重ねがチームを支え続けれくれています。


以上のラインナップになりました。
詳細はこちら公式HPご覧ください。

http://kamitobaumas.web.fc2.com/performance.html


既に出来上がっている面々。チームのこと、ソフトの事、××のこと、たくさん語りました(笑)


親子連れの参加で忘年会に花を添える。


打撃MVPを受賞し、横になる梅垣選手。次年度の構想を語った。


最後に集合写真。ブレブレなのもまた、UMAsらしい?(笑)
来年も宜しくお願い致します!
  


2016年11月13日

11/13リーグ紅白戦!

久しぶりのFリーグ公式戦に、

澤選手、安田選手、荒木選手、義弘選手、弓指選手、

そして・・・

来季の入団をほぼ確実なものにした若きホープにして名手、熊澤選手も参戦!

大いに盛り上がりました。

UMAs劇場は案の定、開花(笑)。

普段のライバルも手と手を取り合っての交流に花を咲かせました(^^)


敵味方関係ない、皆で交流!


今日も横大路さん、さまさまです!ありがとうございます!


色々と議論を深めた安田、荒木の両選手。さあ、次回も!  


Posted by UMAs at 12:23オープン戦速報!

2016年10月17日

10/16第十節(最終戦)

9勝9敗2分の5割!
次年度に生かすぞこの野郎!



もし、仮に、UMAsに守護神がいるとしたら、

普通は「守ってくれる」のが神様というものだろう…。


しかし、Uの神は違う。引っ掻き回して、その光景を酒の肴にするらしい。


この10年もこうして、UはUとして、発展?し続けてきました。



今日もまさに、守護神にとっては、絶好の肴となったことでしょう。



この日連勝すればAクラスも見えてくる、
一つ勝てば念願の貯金1。

そんな日に限って、主力メンバー5名を欠く深刻な状況。

弓指選手は高熱な上にスパイクを忘れる。肴だらけやないか。

しかし吉報もある。

上坂選手、梅林選手の尾崎組と、
杉本選手、林選手の4名が今日駆けつけてくれた!

迷いながら岡本選手も試合に間に合った!

さあ、泣いても笑っても最終戦!守護神観とけよ!



連打連打であともう一息だったが…
守備の乱れで堂々たる敗戦



I 6302 11
U 0051 6

戦評

先発は伊藤投手、日に日に投球の伸びが凄まじく、
この日もコースを攻めて絶好調…だったものの、

威嚇の強力打線につかまり初回から6失点。
それぞれ慣れない守備体系も祟り、なかなか苦しい展開。

2回も3失点、ここで既に勝負あったかと思わせるも、
今日の打線は急に立ち上がる(笑)。

尾崎→岡本→伊藤→梅林→上坂→林と連打連打、
一挙に5得点で追い上げる。

しかし、その後が続かなかったUMAs、あと5得点が遠い…。

これで貯金1と残して最終戦。守護神観てろよ!


最後の最後の、最後の最後。
これがソフト、これがUMAs。


U 1126 10
R 2801 11

戦評

初回先攻、伊藤選手の目の覚めるタイムリー2塁打で先制点を叩きだす。
この日は4番の仕事を見事に果たす大活躍。

先発は裕之投手、二試合目からの威風堂々たる登場にナインも引き締まる。
初回こそ2失点を献上するが、まずまずの立ち上がり。

魔の回は2回。エラーや送球のミスが起こって8失点。振り返ればここがすべてだった…。

打っては、林選手の4打点、梅林選手の堂々3ランホームラン、
何と4回に一挙6得点、遂に追いついて、引き分けに持ち込めるか否か!

しかし、そうは問屋は卸さない。。。
Uの、Uたる由縁なのだ。。。

最終回、安打と送球のずれであっけなく得点を許しサヨナラ…。

これで9勝9敗2分けの勝率5割でシーズン終了。


いずれにしても、勝率5割は史上初、これはこれで、祝おうじゃないか♪


夕焼けから薄暗い空に変わりつつあった川口の秋。
終了に相応しいムードと、2連敗で重い荷物を背負いながら、
2016シーズン、これにて終了でござんす。

来季もまた、人集めから始めます。
UMAsで「劇場」を一緒に体験したい方、是非おこしください(^^)



川口グランドはとにかく行きにくい。トラップもおてのもの。


戦況を観察するUMAsナイン。久しぶりの川口もいいもんだ。


打者の裕之投手も心強い。何だかんだでUMAs、今日も良く打ちました!

  


Posted by UMAs at 08:44公式戦速報!

2016年09月25日

9/25第九節

史上初の「5割確約」を取り付けたUMAs
課題と、功績と、葛藤と、懺悔と…(笑)



この日、二試合を終え、車中の相撲中継に耳を向ける。

大相撲秋場所千秋楽、14日目にして自身初優勝を決めた大関豪栄道は、

取りこぼすことなく自分の十分な相撲を展開、全勝を果たした。


カド番からの全勝優勝は過去記録にない。

いわばものごっつい、凄いことだ。


人は窮地に立つと、火事場の馬鹿力が備わると聞く。

そうか、UMAsも「豪栄道」にあやかり、

最後まであきらめない、劇的劇勝を目指そうじゃないか。


秋空を見やりながら、そんなことを考えたのでした。



冒頭からエピローグで申し訳ない…(笑)。

豪栄道と秋空がまさに、今日のUMAsを暗示していたので載せてみた。


さあ、果たして前人未到、初の「勝ち越し」をこの日決められるかどうか。

屋や雨天が心配されたが、嘘のような猛暑快晴の横大路グランド。

相手は強豪レイカーズ、そして技巧派のノースリーブス。


負けられないのだ!


終わってみれば完敗…。
守備の乱れが心の乱れ(笑)



U 10000 1
L 1364- 14

戦評:

先攻のUMAs、尾崎選手が四球を選び、満を持して梅垣選手の目の覚めるタイムリー二塁打。
これで早くも先取点、勢いに乗る。

先発は久々啓祐投手。技巧派、まさに匠の業全開!
驚異のモズ落としがコースを捉え、1点を献上するも上々の滑り出し。

いわるゆ「打つ方」で点差を広げるぞ!…と息巻いたが、
ヒットはわずかに4本に沈黙。

あれ、ビヨンドのはずなんだが何か。。。

義弘選手の振り逃げダッシュ(⇒結果三振)や、
尾崎選手の相変わらずの攻守など光るも、

いやはや、強豪レイカーズが止められないの…。

勝って早々に「勝ち越し」を決めたかったUMAs、
まだまだ勝ち越し盤石のチームになるには、

課題が多すぎた。

好投した啓祐投手の健闘空しく、
しかし十分な手応えを得て、先発ローテの一角を猛烈アピールだ!


うーん、、、でも、悔しい(笑)


遅すぎたドラマ、早過ぎた勝ち越し
守りに精彩欠くも執念の勝率5割…達成(笑)


N 1331 8
U 3005 8

戦評:

審判を挟む中で、入念に作戦を練る(つもり)。
そこで急遽打順を触る。一番に梅垣、二番に尾崎、五番に荒木、六番に安田、
左記の試合のシビアな結果を反映してのオーダー変更だ(笑)。

その甲斐あって!…と言いたかったところだが、
初回こそ弓指選手のタイムリー、そして澤選手の柵越えツーラン!で3得点を叩きだすが…
…あれ、触った打順関係ないやん(笑)。

先発は二試合目から登板の裕之投手、まさに「遅れてきたメシア」だ。

しかし、オールラウンダー揃いのノースリーブスがそう簡単に収まってはくれない。
結果的に毎回得点、しかもUMAsの久々の守備の乱れ、慣れないポジションも相まって、
最終回で5点のビハインド。

そうか…やはりUMAsは万年負け越すチームに定着すべき存在なのか…。

ちらっとそんな弱い心がよぎっては、違う違うと首を振る。
猛暑にくじけそうな心を奮い立たせ、苦しくとも声を出す。

確かに守備は乱れた。だがそれを上回る執念が、結果的に功を奏したのかもしれない。

遅すぎたドラマは、1アウトから始まった。

梅垣選手のタイムリー二塁打で2得点。ここでUMAsが息を吹き返す。

さあ、四番の澤選手に打席が回る。

そう、第一打席でホームランを放つも、

最初の試合では凡打を悔しがり、珍しくバットを投げ捨てた。

待鳳からの電撃加入で、以降UMAsを四番という重責で支え続けた澤選手、
守りでも悔しいプレーにグラブを叩く。

彼がなぜこうも、UMAsを愛し、そしてUMAsを支え続けてきたか、
その理由と証左が、この打席で見事生まれる。

あくまでも白バットを放さないその一振りは、ライトの頭上を越える見事な三塁打。
これで遂に一点差まで詰め寄る。

三塁に澤選手を置いて、今日二試合ともマスクをかぶる荒木選手。
彼にもその奇跡の前触れはあった。朝、禁煙パイポを加えていた彼は、

二試合目開始直前、煙草を吸い始める。

「もう、自然体でいくっす」

そんな彼の、前後を気にしないマインドタフネスが打球に乗り移った。
弾丸ライナーのタイムリーで同点!遂に引分けをもぎ取る執念の5得点を展開した。

結局その後の打線はつながらず、8対8の引分け。
バタバタと自作自演を展開しつつ、最後の最後に馬鹿力を発揮したUMAs。

勝って勝ち越しを決める、、、前に(笑)
引分けで「5割確約」をもぎ取った格好に、喜んでいいのか悲しんでいいのか…。



「今まで経験したことのないことだったんで、本当に気合だけで。

 気合だけは負けないようにと思ってやりました」


カド番脱出直後の全勝優勝という初の快挙を成し遂げた、大関豪栄道。

経験したことのないゾーン、まさにUMAsの5割も、「気合」でここまで価値を積み重ねてきた。


課題はある。気合だけでは勝てない理屈も理解できる。
複雑な心境を余所に、確かな自信もまた、UMAsに浸透したに違いない。


最終戦は10/16、相当の人材難が予想される。
しかしその度に、ピンチを乗り越えてきたじゃないか。

今こそ、馬鹿力と気合を魅せて、初の貯金チームを作ろうじゃないか。


豪栄道がこの日、そう、生きたように。


猛暑の中、苦戦を強いられたのが災いし、今日の試合の写真ゼロ(笑)仕方なく、スコア載せます(-_-)


こちら惨敗のレイカーズ戦。ヤマハ高ければ高いほど、越え甲斐がある!(笑)次回は10/16だ!

  


Posted by UMAs at 20:58公式戦速報!

2016年09月11日

9/11第八節

晩夏に花咲く“ビヨンド祭り”!
創立以来初の貯金3!



ビヨーーーーーーン。

決して悪ふざけの効果音でもありません。
悩みに悩み、そして一人1000円の追加カンパを徴収し、
創設以来初のビヨンドバットを購入したUMAs。

まさにこの効果音よろしく、
待ち続けた待望の新バットに、心躍る様を一言で表したのでした。


しかし、今日も2試合とも強豪揃い。
楽な試合展開を望めるはずもなく、
しかし創設初の貯金3が、欲しい…。


残暑厳しい9月の蝉しぐれ。
当初の予報の雨70%が真っ赤なウソになった快晴ぶり。

さあ、新生UMAsの産声は開花するか!?


伊藤投手、見事な零封!
打っても止まらないぜビヨンド!


Y 00001 1
U 6140- 11


戦評:

先発は伊藤投手、捕手は弓指のバッテリーで開始。
四球こそ2個出すものの、2回まで無安打の完璧な仕上がりに、
リズミカルに展開するUMAs。

一方の打線。ビヨンドの猛威がここまでとは、UMAsまさに開いた口がふさがらない。
1番から4番までヒットを量産、エラーなどを挟んで一挙6得点を叩きだす。

二回も梅垣選手のタイムリーで1点、5得点で突き放す。

3回も圧巻、和歌山からの遠征も何のその、渡部選手の豪快2ランホームラン、
そして今回は野手に回った裕之選手も、見事な2ランホームラン、
これで11得点をもぎ取った。まさにビヨーーーーン。

最終回、捕手の弓指が11得点に浮かれたのか本盗を許し1点を献上、
しかし反撃もここまで、実質の伊藤投手の「零封」で見事な勝利。

この試合もUMAs、エラーゼロで切り抜け、まさに投げて守るという展開が仕上がってきた。

さあ貯金2、ここまでは今季結構できている、問題はこの次も勝てるかどうか。

しかも相手は豪快打線でリーグを牽引する新撰組…。

頼むビヨンド!!



猛打賞3人!ビヨーーーーン!!
裕之投手の力投で遂に夢の貯金3!


S 01100 2
U 0840- 12

戦評:

先発は裕之投手、捕手は渡部選手、まさに互いの腹心的存在の
強固なバッテリーがここに実現、その成果がもろに出た。

2回に1発を被弾するも、終始危なげないピッチングで5回を二失点で抑え込み、
まさに緩急を投げ分けるレジェンドを創り上げる。

ハイ、お待たせしました。ビヨンドですよね?

尾崎選手、安田選手の「1・2番コンビ」が述べ6の6で猛打賞、
澤選手の3ランホームラン、弓指選手の1イニング2打席連続ホームラン、

いやつなぐつなぐで12得点、先発メンバーの全員安打を達成し、

遂に遂に、未曽有の世界に突入、貯金3という未知の領域に踏み込んだUMAs、

完全に気分を良くした状態で、さあ25日もビヨンド祭りに妄想が膨らむのでした。


あまり自分自身を褒め慣れていないからか、
書いていてむず痒いのが印象的(笑)。

しかしまだまだ油断は禁物、
これで9勝6敗1分、残り4戦、どれもこれも気を緩めることができない!

ビヨンドのバットが、どこか誇らしげに佇んでいるのを、見た…。



10年の年季の入ったバットに交じって後光の指すビヨンドバット(左から1番目)。
今日の劇勝は、投手陣の奮闘とこの、ビヨンド様だ!


試合後の反省会…ならぬ祝賀会。ドリンクバーで乾杯して、なかなか雑炊が来なくてイラつく義弘選手。
さあ次回も、ハツラツ状態で突き抜けるぞ!


祝杯はチョコレートパフェ。いやあ、チョコの味が疲れた体に染み渡る?(笑)

  


Posted by UMAs at 19:27公式戦速報!