京つう

  スポーツ  |  京都府南部

新規登録ログインヘルプ


2018年03月06日

「勝てよ今年こそ。メンバーのためにも。」

マスター(以下M):何だよ、急に呼び出して。

監督(以下K):悪い悪い、店は大丈夫なのか?

M:呼び出しといて心配するって何なんだよ(笑)。

  スタッフにお願いしといたから。

K:何か久々だよなあ、この場所。

M:そうか?つい最近の気がするけどな。

K:いやさ、たまには記者のいないところで、

  ゆっくり話したいなと思ってさ。

M:出た、いつもの思いつき(笑)。

  まあでも、ここで良く飲んで語ったよなあ。

K:UMAs発祥の地でもあるからさ。あまり知られてないけど。

  そろそろ登板復帰しても、いい頃なんじゃないのか?

M:やめろよ、またその話(笑)。

  店が忙しいんだし、もう肩は上がらないよ。

K:確かに。UMAsの祝勝会をするまでは、

  しっかり店続けてもらわないと困るからねえ。

M:おお、そうだったな…。


(沈黙)


M:呼ばれた俺から聞くのも変だけどさ、

  監督にとって「強さ」って、何?

K:強さねえ…俺弱いから分からないなあ。

M:なんじゃそりゃ(笑)。

K:強さの定義はそれこそ星の数ほど、あるんじゃないか。

  人によると思うけど。

M:じゃあ、監督の考える強さって、何。

K:ちょっと複雑な言い方かもしれないけど、

  俺の考える強さは、

  「達成に向かうプロセスそのもの」だな。

M:プロセスが、強さということ?結果じゃないの?

K:結果はもちろん大事さ。

  だけど、偶然舞い降りてくる結果もある。

  運も実力と言うけれど、そこに再現性がない限り、

  その人が培った強さとは言えないんじゃないかな。

  だから、目指すことが必要で、かつ、

  目指し方、求め方、そのプロセスこそ強さなんじゃないかな。

M:そこから見た場合、今のUMAsは強いのか?

K:うーん。強くなったとは思う。でも、完成形じゃないね。

M:完成形って、どんなの?

K:結局強さって、勝ち負けを超えるんだ。

  優勝はもちろん目指すし、それが強さの証でもある。

  だから目指すわけだし、昨年も寸前まで追い求めた。

  事実、あと一歩、あと半歩だった。

  余計にメンバーも燃えている。

  本気で目指したからこそ、プロセスが光ったし、

  強さになった。

  昨年の「あと半歩」という惜しい結果は、

  確実にUMAsにとって、何倍、何十倍という

  価値を育んでくれたと思うんだ。…でもね。

M:でも?

K:もう一つ向こう側に、

  本質的な強さがあると思ってる。

  思ってると言うか、話していて今気づいた。

M:どんなの?

K:こんな話があるんだ。

  ある小学校の運動会、

  リレーの選手選びをクラスで話し合っていて、

  選ばれるはずの選手が怪我をしたか何かで

  十分に走れない状況になった。みんな焦る。

  勝ちたいのに、これじゃあ、勝てないじゃないかと。

  優勝は諦めるのか?…いや、そんなことはない。

  絶対に勝ちたい。でも、どうする。一人うまく走れない。

  するとあるクラスメートがこう言ったらしい。



  『全力で走れない彼の分を、

   俺たちでカバーすればいいじゃないか。

   俺たちがもっと早く走って勝てばいい』




  このマインドが、

  UMAsの求めるマインドであり、

  強さだと思ってる。

M:協力して勝とうという意識付け?

K:平たく言えば、そういうことになるね。

  でもこの話は結構、深いんだ。勝つことと、

  全員参加の、両方を求めているということなんだ。

  そして、この二つが揃わないと、

  本当に勝ったとは言えないんだとさえ、言ったらしい。

M:で、結果は?

K:優勝したんだと。勝ったとき、

  クラス全員が歓喜の渦になったらしい。

  これが理想かな。これができることが、強さかな。

  実際に、今のUMAsは、

  こういう状態になってきていると思う。

  だからこそ、プロセスは重要だし、

  そのために3段重ねの理念(チームビジョン)も作った。

  あれを実践していけば、必ず勝てる。

  そして、本物の強さも、習得できると思ってる。

M:そうか、こんな凄いこと言うようになって

  …お前も成長したもんだ(笑)。

K:でも、そのための大前提がある。

  これが崩れたらアウト。

M:前提とは?

K:選手達の存在。

  これがなければそもそも成り立たない。

  そして、その選手たちをグランドに送り届けてくれている、

  家族の存在。

  そして、リーグの存在、対戦相手の存在、

  グランドの存在、備品の存在。

  当たり前に「あるもの」としているそれらの存在に、

  改めて感謝して大切にすることが前提じゃないかな。

  だから、勝つとか負けるとかの、もう一つ前に、

  大事なものがあると思う。

  これもチームビジョンに書いたことだけど。

M:目指しているということは、

  まだ理想のゴールから見て隔たりがあるということ?

K:いや、そういうことでもないんだ。

  チームは、選手は、常に最善を尽くしてきた。

  だから、毎瞬のプレーはどんなプレーであろうと、

  そのときの最善なんだ。

  エラーや間違いは起こる、

  でもその全てがその瞬間の最善であるわけだから、

  その全てを誇りにしたい。

  スターティングオーダーも、

  今立っている選手も、全ては最善の結果。

  後悔したり、たらればを語ること事態が、

  結構ナンセンスなんだよ(笑)。

  だからこそ、もっと最善を求めたいし、

  そういうプロセスを求め歩むその一つひとつが、

  俺は本当にしあわせなことなんだと、思っているかな。

M:今年も楽しませてくれそうだな。

  期待しているよ、いろんな意味で(笑)。

K:でも、プロセスを求める上で、

  追い求める具体的な数値目標は当然、あるんだよ。

M:優勝でしょ?

  あ、そうか、昨年は失点率に泣いたから、

  失点対策とか?

K:もちろんそれもあるけど、プロセスとして、

  しっかりと一里塚を設けないと、

  今どこにいるかが見えなくなるしね。

M:どんな一里塚?

K:今は内緒(笑)。また追々話すよ。

  番記者も知らないと思うから。

M:そういえば番記者も、

  何か今年は少し志向を変えるって言ってたな。

K:変える?何を?

M:今は内緒、、、追々ということで(笑)。

K:やり返すなよ、お前。

  相変わらずだな、その辺の意地の悪さ。

M:俺は俺で、変わらずに追い求めているものはあるさ。

  その求める場所が、

  グランドからBARに変わっただけのことさ。

K:さすがだな、ぶれないその姿勢。

M:お前もぶれるなよ。

  今年は「圧倒」、なんだろ?

K:そうさ、圧倒さ。勝つことだけじゃない。

  自己ベストを常に更新していく「自分への圧倒」も、

  含まれているんだ。

  そういう自己ベスト的圧倒を積み重ねていきたいね。

  あ、まだ注文してないんじゃないか?

M:そうだそうだ…うっかりしてた。

  すいません、生を2つ。

  ------

K:今年も宜しく。

  勝てよ今年こそ。メンバーのためにも。

M:もちろんさ。また今年もお世話になるよ。


(乾杯)




同じカテゴリー(徒然日誌)の記事画像
《そのプロセスに人は魅了される》
《いいもんだな、雨も。》
《その緊張感と経験は、実際に勝つべき使命をリアルに背負ったその瞬間で試さないと力にならない》
《そこに行き着く必然のようなものは、実は既に空気として存在していた》
《教えてくれよ。なんでツウテンカクが優勝に必要なんだ?》
今日も雨やあ(-_-)→ミーティングやあ!(^^)
同じカテゴリー(徒然日誌)の記事
 《そのプロセスに人は魅了される》 (2018-06-11 15:48)
 《いいもんだな、雨も。》 (2018-05-14 22:00)
 《その緊張感と経験は、実際に勝つべき使命をリアルに背負ったその瞬間で試さないと力にならない》 (2018-05-04 20:01)
 《そこに行き着く必然のようなものは、実は既に空気として存在していた》 (2018-04-08 22:21)
 《教えてくれよ。なんでツウテンカクが優勝に必要なんだ?》 (2018-03-26 14:00)
 今日も雨やあ(-_-)→ミーティングやあ!(^^) (2017-10-29 13:30)

Posted by 京都上鳥羽UMAs at 23:29 │徒然日誌