京つう

  スポーツ  |  京都府南部

新規登録ログインヘルプ


2018年04月22日

4/22 第三節

接戦の連続に悶えるUMAs
執念の連勝で前半戦の勝ち越しを決めた!



久々にやってきた牛が瀬グランド。

パーキング難解度最強のこの地で、

今日も強敵と相対することになったUMAs。



そういえばこの地は、台風を追い払い、降水確率80%を覆した

伝説の地。



これはもう、Uに味方しないはずがない!

さあ気合もそこそこに、今日も試合開始30分前に全員集合を果たし、

いざゆかん、炎の2連勝へ!


第一試合
伝説の戦いは更に高みへ
引き締まる攻防、白熱の戦いが今日も歴史を刻んだ


U 01040 5
S 00010 1

選評

先攻のUMAs、先頭梅垣選手の痛烈な二塁打でチャンスを作るも
後続が続かず先取点とならず。今日も投手戦の風が吹く。

投げては先発の裕之投手、何と3回までパーフェクトピッチング。
4回に三塁打を浴び1失点するも、2安打完封でシャットアウト。

なぜか新撰組相手となると引き締まるUMAs、
この辺りの攻防は、まさに因縁・伝統の一戦に相応しい。

打っては4回にビッグイニング、
梅垣選手、安田選手の連続タイムリー、熊澤選手の犠飛で4得点。

また第18代4番打者に名を連ねた尚輝選手、3タコを前に次の試合を直訴、
本来はここで帰るはずが、まさに執念の成せる技、このマインドこそUの四番そのものだ。

さあこの波に乗って、二試合目に挑む。

しかし…U番記者は、その微妙な変化を、見逃してはいなかった。


第二試合
ヒヤヒヤの最終回で競り勝ったUMAs、
改革の「見えない手」が実は伸びていた


U 5401 10
R 4104 9

初回の攻撃、第19代4番に座った稲葉兄貴が早速の仕事、
タイムリーで先制点をたたき出すと、「残った」弟・尚輝選手も負けじとタイムリー、
粟津選手にもタイムリーが飛び出し幸先のいい5得点、
2回も二試合目から馳せ参じた享平選手のタイムリーなどで4得点、押せ押せが続く。

しかし強豪RT打線もそう簡単には引き下がらない。
先発啓祐投手の針の穴を通す妙技を捕らえ、2回までで5得点。まだまだ分からない。

そんな中で3回の守りで奇策に出る。
まさに事実上の外野と内野の入れ替えを頻繁に起こし、
そう、昨年も同じこの戦いで奇策に転じて、辛酸をなめたあの悪夢が頭をかすめる。

そんな浮き足立つUMAsを救ったのが、満塁という窮地での熊澤選手のエクセレントキャッチ。
これでランナーを釘付けにし、失点を防ぐ。

それでも喰らい付く強豪打線、遂にタイムリー連打であの1点まで迫る。
もうダメかもしれない、そんな中でつぶやく男がいた。

「いや、大丈夫だ。球も走ってる」

昨年の窮地では、何度も1点差で泣いた。その多くは守備の乱れだった。
その乱れを自チームの中で進めてどうする。そんな声も確かに上る。

結果的にその変化でプレーし、1点差を何とか守りきったUMAs、
これで目標通りの2連勝達成で、5勝0敗1分、まだ土をつけていない恰好に。


------


U番記者(以下U):監督、待ってくださいよ!

監督(以下K):何だよ、パーキングの料金上がりそうなんだよ。

U:今日の奇妙な采配は何ですか?

K:キミョウ??? どういうことだ。

U:本来の守備や、いつもの打順をいちいち変えたかのような采配。

K:2戦目か?

U:ええ、そうです。最終回なんか危なっかしくて見てられないですよ。

K:お前、まだそんなこと言ってるのか。

U:まだそんなこと?

K:青いんだよ、その考えが。まあ、青さはお前の良さでもあるがな。

U:待ってください、この前半戦、勝ち続けて折り返すと宣言したのは誰ですか。

K:わしだが、それが何か?

U:じゃあ、なぜ、磐石の恰好を維持しなかったんです?

K:分かった、車が心配だからあと数分だけ端的に話す。

 磐石のチームを作りたければ、固まった発想を捨てることだ。
 固まった発想は、保身と無行動を育み、
 挑戦と生きがいを著しく殺いでいく魔物だ。
 そして我々は、当然勝ちを目指す。しかし、Uは勝利至上主義ではない。
 だが、勝つ集団だ。

 それはどういうことか、それは全員参加を達成し続けること。
 プロセスを磨くということ。動じない軸を持つこと。
 これは、勝つことと同じくらい重要なことだ。
 キーワードは、30と、12だ。

 全員参加の価値とは何か、その答えは先日、
 開幕前にマスターとのやり取りで話した。
 リレーの話と聞けば分かる、取材してくれ。30と12は、後日話す。

 いいか、それが大事なことなんだ。5原則にもあるが、全うすることだ。

 全うするその先にやっと道は拓けるんだ。全うの先に幸せは待っているんだ。
 それは長い意味で、常勝する上でも必要なものなんだ。

 それがUMAs道、「道」なんだよ。

 UMAsは劇場だけじゃない、「道」もあるんだ。


U:ユーマーズ、、、ドウ??

K:やばい、あと3分で100円上がる、今日はここで勘弁してくれ。

K:え、あ、ちょっ…。あぁ、、、行っちゃった。

 なんだよ、自分の采配を棚に上げて偉そうに!!


------


何だかんだで結果は2連勝、この波で前半の山を迎える。

次回5/13は最初の天王山、その前に5/6は今季第二回目のS.E.U。

てゆーか、、、UMAs道とは一体何なの???



試合前のアップ。30分前のいつもの光景、この熱に応える!



同じカテゴリー(公式戦速報!)の記事画像
6/24第五節
6/10第四節
4/8 第二節
3/25開幕戦、連勝!
11/26最終節
11/12第九節
同じカテゴリー(公式戦速報!)の記事
 6/24第五節 (2018-06-24 16:22)
 6/10第四節 (2018-06-10 21:34)
 4/8 第二節 (2018-04-08 18:18)
 3/25開幕戦、連勝! (2018-03-25 14:07)
 11/26最終節 (2017-11-26 23:33)
 11/12第九節 (2017-11-12 20:56)

Posted by 京都上鳥羽UMAs at 22:20 │公式戦速報!