京つう

  スポーツ  |  京都府南部

新規登録ログインヘルプ


2018年05月04日

《その緊張感と経験は、実際に勝つべき使命をリアルに背負ったその瞬間で試さないと力にならない》

編集長(以下H):そう、うん、それでGoしていいから。

 とりあえずダーンって感じで頼むよ。

U番記者(以下U):編集長!ちょっと待ってください。

H:何だよ声でかいな。急に隣でそんなボリュームいらないだろ。

U:この記事、何なんですか!?この「無策」って文字!

H:無策は無策って意味だろうよ。他に何があるんだよ。

U:これは現場の実体から大きくかけ離れています。

 余りに乱暴ですよ。

H:これくらいのインパクトが必要なことくらい、

 お前もU担当長いんだから分かるだろ。

U:インパクトは大事です。でも、それにしても行き過ぎですよ!

 誰がそんな評価をしたっていうんですか。

H:分かってないな…。これ、最初のゲラはもっとぶっ飛んだ一面だったらしいよ。

U:ぶっ飛んだ一面?何ですかそれ。

H:監督不信任かって、最初はそう書きたかったらしい。閲覧数上げるに必死だよな。

U:ウラ取ったんですか!?だから紙面分担制度には反対だったんですよ!!

 Uの実情を最も知っている人が書くべきでしょ。

 なのに紙面で担当分けるなんて…それこそ無策だ!

H:そんなこと言って、お前も最初はあの試合で「勝ちたくないのか」って、

 監督に詰め寄ったらしいじゃないか。

U:ええ、そうです。その通りです。

 で実際に話を聞いて、色々と思い返したんです。

 あれは、勝ちたいからこその采配だったんだと。

H:お前冷静になれよ、いいか。

 正ポジションをコロコロ変えて混乱させた張本人が、何言ってもダメだよ。

 選手がそう思っていなかったら、その策は無意味だったということじゃないか。

U:表面的にはそうかもしれない。

 でもそれはあくまでも、表層的な現象に過ぎませんよ!

 昨シーズン途中、首位独走だったあの時期に、あえてUのチームビジョンが出された。

 みな「え?」となりましたよね。突っ走るべき時期に、あえて理念だビジョンだって何だこれはと。

 確かに目先の勝ちは重要です、第一その目先の勝ち点1が足らないばっかりにV逸した。

 でも、それは単年の時間軸で見ているからそういう結論になる。時間軸を伸ばしてみてください。

H:何年くらいだよ?

U:2025年です。

 少なくともここまでは時間軸を伸ばさないと、あの日の意味は見えてきませんよ。

H:ばぁか。そんな気の遠くなるような未来を見据えた記事なんかを、誰が読むんだよ。

 いいか、見るものはその時その時の1シーンに心打たれるんだ。

 2年前の事実を今報道してどうする。2年後の将来像を今伝えて何になる。

 大事なのは「いま」なんだ、それくらい番記者やってて分からないのかお前は!

U:編集長、お言葉ですが、その発想はもう埃を被ってます。時代錯誤も甚だしいです。

H:時代錯誤はお前の方だ。未来を見据えてカッコいい記者でも装うつもりか?

 未来だけで飯は食えねえよ!

 いいか、じゃあ何か。選手全員が、そんな2025年まで考えて今をプレーしてるって言うのか?

 今日勝つのに毎回必死で、どの相手も手を抜けない大変なロードを歩んでいる中で、

 お前はそれでも、そんな悠長なことがいえるのか。戦場に立てば分かる、お前は記者として立っていても、

 選手としては立っていない。使われる選手の身にもなってみろ。変えられるストレスは大変なんだぞ。

U:編集長こそ、選手でもないのに選手の立場を語れないでしょ!

 あの日から、監督が実際に何を考えてきたか、

 それは私だけが知っています。あの日、お酒を酌み交わした長い長い夜があったから、

 私はこうして意見が言えるんです。

H:違う。お前は根本的なことが分かっていない。

 選手に対して、イキイキとリラックスしたプレーを提供することこそ、

 リーダーとしての条件なはずだ。

U:選手として成長し、どこでも何でもできるようになれば、どんな状況でも乗り越えられる。

 その緊張感と経験は、実際に勝つべき使命をリアルに背負ったその瞬間で試さないと力になりません

 大変なリスクの中で、それでも全員参加をベースにする方針は変えずに、勝ちにいく。

 練習に勝る本番はないじゃないですか。本番こそ、本番です。

 このスタンスに賛否あるのは理解します。しかしそれを「無策」とは余りにもひどい!

H:もう一つわかっていないことがあるぞお前は。そんな正論じゃあ、売れないんだよ!

U:歪曲した表現でしか売上を伸ばせない報道なら、そんなマスコミは社会には必要ないです。

 ソフトボールの楽しさ、そしてチャレンジする尊さを、今こそ示すときなんじゃないんですか?

 もういいです、とにかくこの「無策」は取り消してください。お願いです。

H:もう製版持っていくんだって…ホンっトに邪魔ばっかりするよなお前は。

 分かった。この判断はオーナーにしてもらうことにする。

U:オーナー!?紙面の内容をですか?

H:だって仕方ないだろ。

 そんなボイコット寸前の剣幕で来られたら、俺もさすがに判断できないよ。

 頼むから俺を困らせるなって…。誰も得しないんだから…。

U:編集長。編集長にとってユーマーズって何なんですか。

H:俺にとってのユーマーズ?取材対象の一球団、それだけだよ。

U:…。

H:さあ、行った行った。紙面はUだけじゃないんだぜ。

同僚(以下D):おい、こっちこっち。

U:何だDか。

D:なんだじゃないよ。今度こそ干されるぞお前。

U:正義は勝つんだよ。背負った人間にしか出来ない任務は捨てちゃいけない。

D:何だよその青春ドラマみたいなノリ。いいから、お前この一面不満なんだろ?

  裏ルートから止めてやるから、一旦ここは引き下がれ。

U:そんなことできるのか?

D:いいから俺を信じろ。でも絶対に内緒だぞ。さっきずっと顛末聞いてた、

 確かにこういう過剰な誇張は良くない。

 それは俺も同感だ、だからオーナーに先回りしといた。

U:お前オーナーとパイプあるのかよ!

D:その散策は後だ。

 とにかくこの紙面は次の公式戦まで止めてもらうようお願いしといた。

U:何か凄すぎて良く分からないが、とにかく恩にきるよ。

D:まったく…。分かったら、とりあえずそれ飲んどけ。

  後からオーナー直々に編集長に電話が行くようになってる。

U:こんな手を使わないと、理解してもらえないのも何だか切ないよな。

D:それが現実だ。でも、この現実は変えないといけない。

 まずは少しずつ。でも確実な一歩から、

 俺たちは進めるしかないよ。

U:そうか、それも現実だな。分かった。

D:次回のU一面、俺たちにしかできない、

 でっかいの、書こうぜ。

U:…だな。




同じカテゴリー(徒然日誌)の記事画像
《雨を感じられる人間もいるし、ただ濡れるだけの奴らもいる》
《そのプロセスに人は魅了される》
《いいもんだな、雨も。》
《そこに行き着く必然のようなものは、実は既に空気として存在していた》
《教えてくれよ。なんでツウテンカクが優勝に必要なんだ?》
「勝てよ今年こそ。メンバーのためにも。」
同じカテゴリー(徒然日誌)の記事
 《雨を感じられる人間もいるし、ただ濡れるだけの奴らもいる》 (2018-07-29 22:12)
 《そのプロセスに人は魅了される》 (2018-06-11 15:48)
 《いいもんだな、雨も。》 (2018-05-14 22:00)
 《そこに行き着く必然のようなものは、実は既に空気として存在していた》 (2018-04-08 22:21)
 《教えてくれよ。なんでツウテンカクが優勝に必要なんだ?》 (2018-03-26 14:00)
 「勝てよ今年こそ。メンバーのためにも。」 (2018-03-06 23:29)

Posted by 京都上鳥羽UMAs at 20:01 │徒然日誌