京つう

  スポーツ  |  京都府南部

新規登録ログインヘルプ


2018年06月11日

《そのプロセスに人は魅了される》

番記者(以下U):観ていて興奮しました。サヨナラを2試合見せ付けられたら…

監督(以下K):こっちも、手に汗握りっぱなしで、寿命縮まった気がするよ。

U:勝因は何でしょうか。

K:シンプルに、諦めなかったことだと思うよ。
 つまり取られても取り返せると、どこかみんな思ってた。
 それが、打線を繋いでいった。

U:この連戦が、前半戦のまさに天王山でした。

K:うーん…確かに首位攻防に近い面もあったから、
 この2連戦は大事だったけど、もう、どこと戦っても、楽な試合は一切ない。

U:そうですね。他の会場でも、色んなことが起こっています。

K:こうなると、何が勝敗を分けるか、
 本当に精神面の勝負になってくると思っています。

U:どんな精神面が求められるでしょうか。

K:優勝したことないので分からないのが正直なところ(笑)
 でも正直、運かもしれない。

U:運!?

K:運とは、いかに天を味方につけるか、天と通じるか。
 かもしれないし、勝つ内容が重要な気がする。

U:ずっと仰っている、プロセスの重要性ですか。

K:そうだね。そのプロセスの中で、ソフトへの飽くなき姿勢と、
 勝つために感謝するんでなく、純粋に、こうして皆と戦えることの喜び。
 これを純粋に求め、貢献することじゃないかな。

U:勝つためではない、感謝。。。

K:例えばこのサヨナラ劇も、対戦相手がいなかったら無理だよね。
 こんな素晴らしい試合ができたのは、対戦相手とがっぷり四つで組めたから、
 いや「組ませてもらえたから」だ。

U:チームビジョンに、場・相手・家族とありましたね。

K:ここに立つことができるかどうか。
 いつもここは、戻らないといけない場所だと思う。
 強くなればなるほどに。

U:日大アメフト騒動、どうみますか?

K:何だ急に。

U:あの騒動からも、何かヒントがあるような気がして。

K:ヒントはある。本質と言ってもいいかもしれない。
 慣習として美徳とされてきた、体育会系の伝統によって、
 様々なスポーツは却って憂き目に遭ってきた。

U:UMAsが生まれたのも、そんな背景がありました。

K:よく知ってるね(笑)。体育会系の考え方で感謝している面もある。
 しかし、それはもう、今となっては幻想に近い。
 誰もが、敷居の低い中で、参加できるスポーツを求めていた。

U:プロゴルフの世界でも、褒めて伸ばすことが称えられたのは、、、

K:タイガーウッズだったね。彼がその今までの風習に頼らない育てられ方で
 世界制覇を何度も成し遂げた。彼も、スポーツの常識を変えた一人だった。

U:UMAsは、そんな体育会系のスポーツに風穴を開け、
 誰でも参加できる形を目指した。

K:野球したかったんだよ、当時は。
 だけど、素人から参画できて、女性も加わりやすいのは、ソフトボールだった。
 やってみたら、面白い。そういう流れだった。

U:楽しい空間が、基本であると。

K:楽しくない空間に、人は集まらない。
 そして、個々で楽しさの定義も違う。UMAsは今強いかもしれない。
 けれど、本当の強さは、ここからなんだと思うよ。

U:個々で楽しさは違うけど、チームとしてどう楽しい空間を作るか。
 何か、矛盾しているようで、難解な方程式ですね。

K:解はあるんだ。ややこしいものほど、答えは至ってシンプルだと思ってる。
 この一年は、感謝をベースに、その方程式をシンプルにしていく年かもしれないね。

U:まだまだ後半戦も試練の連続ですね。今後、どう戦いますか?

K:楽しい空間にすること、それによって人が集まる。
 それは、自分や自分のチームだけでなく、場と相手があってのこと。
 ここをズラさないことだね。させていただいている、
 相手あってのリーグ戦であるということに実直に向き合い、謙虚でありたいと思う。

U:なかなか簡単に勝てばいいということじゃ、ないんですね。

K:勝つだけで良いなら、最初からジャンケンでいいよ。
 そのプロセスに人は魅了されるんだから。
 しかし、今日も選手達の頑張りは凄かった…
 語りだしたら朝まで言っちゃうくらいの。また、機会を改めて…。

U:分かりました、どうもありがとうございました。

K:次節も頑張るよ。久々にフル出場したら体が痛い。

U:そうか、そうでした。試合でたんですよね(笑)。

K:そこ、笑うとこじゃないだろ。




同じカテゴリー(徒然日誌)の記事画像
《いいもんだな、雨も。》
《その緊張感と経験は、実際に勝つべき使命をリアルに背負ったその瞬間で試さないと力にならない》
《そこに行き着く必然のようなものは、実は既に空気として存在していた》
《教えてくれよ。なんでツウテンカクが優勝に必要なんだ?》
「勝てよ今年こそ。メンバーのためにも。」
今日も雨やあ(-_-)→ミーティングやあ!(^^)
同じカテゴリー(徒然日誌)の記事
 《いいもんだな、雨も。》 (2018-05-14 22:00)
 《その緊張感と経験は、実際に勝つべき使命をリアルに背負ったその瞬間で試さないと力にならない》 (2018-05-04 20:01)
 《そこに行き着く必然のようなものは、実は既に空気として存在していた》 (2018-04-08 22:21)
 《教えてくれよ。なんでツウテンカクが優勝に必要なんだ?》 (2018-03-26 14:00)
 「勝てよ今年こそ。メンバーのためにも。」 (2018-03-06 23:29)
 今日も雨やあ(-_-)→ミーティングやあ!(^^) (2017-10-29 13:30)

Posted by 京都上鳥羽UMAs at 15:48 │徒然日誌