京つう

  スポーツ  |  京都府南部

新規登録ログインヘルプ


2018年06月24日

6/24第五節

UMAs史上初、前半戦を無敗で折り返す快挙
《圧倒》が初夏の横大路に開花した



今日は、予感がしていた。

前半戦の最終戦、未だ負けなしはユーマーズただ一人。

前半戦を無敗で駆け抜けるミッションは、
今季のスローガン、圧倒(通称あっとぅ)を指してこれ以上の結果はない。

前日の大雨に憂いでいる暇はない、前半戦のラストバウト、やるしかないのだ!

横大路グランド、いつも横大路クラブさんの整備のなせる技、
バッチリのコンディションに感謝して、さあ、連戦に挑む!


第一試合
毎回得点、全員安打の快勝
投げては貫禄の裕之魔球冴え渡る


U 2350 10
N 2112 6

選評

先攻ユーマーズ。先頭梅垣選手の三塁打を皮切りに、
連打、タイムリーを積み重ねる。
久々4番の澤選手も、圧巻の2点タイムリー、
梅垣→安田→渡部の1.2.3連続タイムリーで押せ押せ。

投げては裕之投手、
辛くなっても自浄スキルで持ち直した、さすがMr.パーフェクト!

打って守って、理想の形で勝利をもぎ取る。
さあ、次が難関、豪打で唸る横大路だ。


第2試合
吉田親子、勝利を引き寄せた!
横大路とまさに熾烈なシーソーゲーム


Y 0300 3
U 3001 4

選評
先発は、技巧派啓祐投手。
前の試合で横大路の、爆発打線を目の当たりにしてか、
緊張の投球も、緩急で零封。

一方、遅れてきたメジャーリーガー稲葉選手のポテンタイムリー、
弟尚輝選手の犠牲フライなどで3得点。リードを作る。

2回、やはり横大路打線は爆発、すんなりと3得点をもぎ取られ同点に。

ここからのデッドヒートは、まさに球史に残る展開に。
互いの意地と気迫と、たまのユーモアで両チーム盛り上がりながら、
ゼロを積み上げる。

4回裏、先頭の享平選手、
3ボールからアウトローを流し打って、
俊足いかして一気にホームイン。待望の勝ち越しだ。

裕之投手が準備を進めるも、息子の殊勲に燃えないわけがない。
見事な緩急は回を重ねるこどに磨きがかかり、1点を守り抜いた。

投げ勝っただけでなく、全員で守り抜いた勝利、
そしてフェアプレーの横大路さんに感化され、
見事なナイスゲームを体験できた価値は大きい。

これで前半戦を9勝0敗1分、
見事な圧倒スローガンを達成した。

さあ、来月も強豪揃いだ、ハチマキを絞め直し、
後半戦もばく進するぞ!


前半戦の圧倒を祝うユーマーズ。まだまだ、我々は胸を借りる。


投球練習に余念がない啓祐投手。これが後で、成果になる。




同じカテゴリー(公式戦速報!)の記事画像
11/11第九節
10/28第八節
10/14第七節
8/26第六節
6/10第四節
4/22 第三節
同じカテゴリー(公式戦速報!)の記事
 11/11第九節 (2018-11-11 16:48)
 10/28第八節 (2018-10-28 14:14)
 10/14第七節 (2018-10-14 15:13)
 8/26第六節 (2018-08-26 20:13)
 6/10第四節 (2018-06-10 21:34)
 4/22 第三節 (2018-04-22 22:20)

Posted by 京都上鳥羽UMAs at 16:22 │公式戦速報!